久米邦武文書  3

久米邦武 著 ; 久米美術館 編

『特命全権大使米欧回覧実記』は、明治初年欧米に派遣された政府使節団の報告書として、また東西文明洞察の書として白眉である。帰国後、久米が改稿に改稿を重ね、全力を投じて完成した。これを成すため、久米は現地で多くのメモをとり、資料収集にあたったが、それはどのようなものだったのか。『実記』成稿の背景を明らかにする貴重資料を公刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 『米欧回覧実記』素稿(奉使欧米日記
  • 西洋土産 ほか)
  • 第2 『米欧回覧実記』関係基礎史料(文明手引草
  • 合衆国政治書訳 ほか)
  • 第3 『米欧回覧実記』関係雑録(『米欧回覧実記』送呈先一覧・送呈文
  • 手帳・ノート)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 久米邦武文書
著作者等 久米 邦武
久米美術館
山崎 渾子
田中 彰
書名ヨミ クメ クニタケ モンジョ
書名別名 Kume kunitake monjo
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.4
ページ数 411p
大きさ 22cm
ISBN 4642013636
NCID BA51654121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想