新訂江戸名所花暦

市古夏生, 鈴木健一 校訂

『江戸名所花暦』は、文政10年(1827)に刊行された、江戸の代表的な行楽ガイドブック。春は鶯、梅、桜、夏は蛍、納涼、蓮、秋は萩、月、虫、冬は寒梅、松、枯野、雪見など、四季折々の花鳥風月を計43項目に分類、それぞれの名所・名木の解説、由来、場所の道順などを詳しく、しかも手際よく紹介し、江戸庶民のあいだで広く親しまれた。本文庫では読みやすさに徹した新校訂でその全文を掲載、長谷川雪旦の美麗な挿絵全点に加え、『江戸名所図会』からも補完的な図版をひいた。ハンディな行楽地図『東都花暦名所案内』を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻之一 春之部(鶯
  • 椿 ほか)
  • 巻之二 夏之部(藤
  • 躑躅
  • 郭公 ほか)
  • 巻之三 秋之部(牽牛花
  • 七草
  • 萩 ほか)
  • 巻之四 冬之部(寒菊
  • 水仙
  • 寒梅 ほか)
  • 東都花暦名所案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新訂江戸名所花暦
著作者等 岡島 琴驢
市古 夏生
鈴木 健一
書名ヨミ シンテイ エド メイショ ハナゴヨミ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.4
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 4480086269
NCID BA51644037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想