バロック・ソナタの音楽史 : ガブリエリからバッハまで

田中武夫 著

バロック初期から大バッハまで130余名の作曲家を国別、年代順に紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バロック音楽とはどんな音楽?
  • 第2章 イタリアの前期、中期バロック-ソナタの誕生と発展
  • 第3章 イタリアの後期バロック-ソナタの発展から協奏曲への展開
  • 第4章 フランスのバロックとロココ期の室内楽と鍵盤音楽(付、ベルギーとイベリア半島の音楽家たち)
  • 第5章 イギリスのバロック音楽-独自に発展したソナタと室内楽
  • 第6章 ドイツ、オーストリアのバロック音楽の黎明期とイタリア風ソナタからの脱出(付、17世紀ポーランドの音楽)
  • 第7章 ドイツ、オーストリアの後期バロック-ソナタとパルティータ
  • 第8章 バロック音楽の完成-テレマン、ヘンデル、バッハ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バロック・ソナタの音楽史 : ガブリエリからバッハまで
著作者等 田中 武夫
書名ヨミ バロック ソナタ ノ オンガクシ : ガブリエリ カラ バッハ マデ
出版元 文芸社
刊行年月 2001.3
ページ数 475p
大きさ 20cm
ISBN 4835514122
NCID BA51642767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20161962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想