幻滅論

北山修 著

日本神話や浮世絵の母子像の分析など"参加しながらの分析"を通して人と人のつながりと幻滅のあり方を考える。人生における幾つかの不幸に強くなるための、"つながり"の分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言葉にすること
  • 1 人と人のつながり(情緒的交流
  • 描かれた過去から ほか)
  • 2 「つながり」の構造(春画のなかの子どもたち
  • 「甘え」とその愛の上下関係 ほか)
  • 3 幻滅の臨床(恥の取り扱いをめぐって
  • 「恩」概念の臨床的意義について ほか)
  • 4 現実の価値(物事と言葉
  • 環境の価値 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻滅論
著作者等 北山 修
書名ヨミ ゲンメツロン
書名別名 Genmetsuron
出版元 みすず書房
刊行年月 2001.4
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4622039680
NCID BA51623398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想