トルコ近現代史 : イスラム国家から国民国家へ

新井政美 著

イスラムの守護者として常にキリスト教世界と対峙し、東地中海に君臨した栄光のオスマン帝国。その実体は、多くの異教徒を抱え込みながら緩やかな統合を実現する「イスラム国家」だった。本書が描くのは、その帝国が西洋との絶えざる交渉の中で、中央集権的な「国民国家」への変身を志し、もがき苦しみつつそれを果たしていく過程であり、また、多大の犠牲を払ってたどり着いた「国民国家」が決して終着駅ではなかったことに気づき懊悩する姿である。近代トルコの味わった興奮と痛みは、おそらくその一国のみの経験ではあるまい。イスラム世界に関心を抱く読者にとって、本書は絶好の水先案内となるだろう。内外における最新の研究を見据えて書き下ろした、気迫あふれる通史である。

「BOOKデータベース」より

いつも気になる国、トルコ。オスマン帝国の凋落から近代国家への変身に賭けた苦難の道のりを辿る。1699年以後の3世紀をカバーした、興味津々の通史誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カルロヴィッツ
  • 前提-一八世紀のオスマン帝国
  • 改革への序章-セリム三世と「新体制」
  • 中央集権化への道-マフムート二世の時代
  • タンズィマートの時代(一八三九年〜一八七六年)
  • 立憲政と専制政治(一八七六年〜一九〇八年)
  • 第二次立憲政の時代(一九〇八年〜一九一八年)
  • 独立戦争の展開とトルコ共和国の成立(一九一八年〜一九二三年)
  • 一党支配の時代(一九二三年〜一九四五年)
  • 複数政党制への移行(一九四五年〜一九五〇年)
  • 民主党の時代(一九五〇年〜一九六〇年)
  • 第二共和制の時代(一九六〇年〜一九八〇年)
  • 第三共和制-二一世紀を迎えるトルコ

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前提-一八世紀のオスマン帝国
  • 改革への序章-セリム三世と「新体制」
  • 中央集権化への道-マフムート二世の時代
  • タンズィマートの時代(一八三九年〜一八七六年)
  • 立憲政と専制政治(一八七六年〜一九〇八年)
  • 第二次立憲政の時代(一九〇八年〜一九一八年)
  • 独立戦争の展開とトルコ共和国の成立(一九一八年〜一九二三年)
  • 一党支配の時代(一九二三年〜一九四五年)
  • 複数政党制への移行(一九四五年〜一九五〇年)
  • 民主党の時代(一九五〇年〜一九六〇年)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トルコ近現代史 : イスラム国家から国民国家へ
著作者等 新井 政美
書名ヨミ トルコ キンゲンダイシ : イスラム コッカ カラ コクミン コッカ エ
書名別名 Toruko kingendaishi
出版元 みすず書房
刊行年月 2001.4
ページ数 320, 35p
大きさ 20cm
付随資料 10p.
ISBN 4622033887
NCID BA51610556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想