孫子

金谷治 訳注

『孫子』十三篇は、中国最古の兵書である。そこには、現実的な戦術が深い思想的裏づけを得て、戦争一般、さらには人生の問題として、広い視野の中に組みこまれている。竹簡の新資料との照合も経て、またさらに読みやすくなった新訂版。原文・読み下し文・現代語訳に平易な注を加え、巻末には重要語句索引を付した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 計篇(第一)
  • 作戦篇(第二)
  • 謀攻篇(第三)
  • 形篇(第四)
  • 勢篇(第五)
  • 虚実篇(第六)
  • 軍争篇(第七)
  • 九変篇(第八)
  • 行軍篇(第九)
  • 地形篇(第十)
  • 九地篇(第十一)
  • 火攻篇(第十二)
  • 用間篇(第十三)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孫子
著作者等 孫子
金谷 治
書名ヨミ ソンシ
シリーズ名 ワイド版岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.1
版表示 新訂.
ページ数 194, 8p
大きさ 19cm
ISBN 400007170X
NCID BA51606082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想