イタリア史 : 1700-1860

スチュアート・ジョーゼフ・ウルフ 著 ; 鈴木邦夫 訳

イタリアの統一、近代国家への歩みは、複雑かつ力動的である。リソルジメントまでの曲折と試行を、ヨーロッパ史のパースペクティブ、そしてマッツィーニやガリバルディらの思想・行動から無名の農民の声までを発掘する精細な文化・社会史的手法を駆使して、明快に描く。国際的に定評あるイタリア近代史待望の完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イタリアの再浮上-一七〇〇‐六〇年
  • 第2部 改革と権力/啓蒙主義と専制-一七六〇‐九〇年
  • 第3部 革命家と穏和派-一七八九‐一八一四年
  • 第4部 独立を求めて-一八一五‐四七年
  • 第5部 独立の代償-一八四八‐六一年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリア史 : 1700-1860
著作者等 Woolf, S. J.
Woolf, Stuart Joseph
鈴木 邦夫
Woolf Stuart J.
ウルフ スチュアート・ジョーゼフ
書名ヨミ イタリアシ : 1700 - 1860
書名別名 A history of Italy 1700-1860

Itariashi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 699
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2001.4
ページ数 928, 50p
大きさ 20cm
ISBN 4588006991
NCID BA51601340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想