眠れない夜はお母さんそばにいて : 東大小児科病棟「めだかの学校」の子供たち

阿部知子 編著

子供たちは明日死ぬとしても何かを学びたかったり、何かができた自分をほめてあげたかったりしたんだと思う。絵を描くこと、音楽を奏でること、音楽を聴くこと、そういうことを持ってきてくれた。そしていやならいやって言ってもいいんだよということをもたらしてくれたのが「めだかの学校」だったと思う。病棟から離れられない子供たちを少しでも当たり前の空間に連れ出して、生きている実感を味わってほしいという願いから、「めだかの学校」は始まった。限りある命と向き合い誇り高く生きた子供たちの記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私と「めだかの学校」との出会い
  • 古めかしい大学病院の小さな学校
  • 病棟の子供たちの1日、1年
  • 医師、ナース、子供たち
  • 人工呼吸器をつけた子供たち
  • 小児科病棟プリンスたちの夢と希望
  • 笑いあり、涙ありの母子入院
  • 子供の死
  • 勇気の湧く庭
  • 「めだかの学校」の子供たち
  • 子供たちは死を受容する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眠れない夜はお母さんそばにいて : 東大小児科病棟「めだかの学校」の子供たち
著作者等 阿部 知子
書名ヨミ ネムレナイ ヨル ワ オカアサン ソバ ニ イテ : トウダイ ショウニカ ビョウトウ メダカ ノ ガッコウ ノ コドモタチ
出版元 ゆみる
刊行年月 2000.12
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4946509240
NCID BA51595827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想