エネルギーと国の役割 : 地球温暖化時代の税制を考える

十市勉, 小川芳樹, 佐川直人 共著

本書は、21世紀におけるわが国のエネルギー政策と国の役割について、税制面に焦点を当てながらその現状と問題点、および今後の課題について考えることを最大の狙いとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界のエネルギー情勢と日本の課題(国際エネルギー情勢をみる視点
  • 世界の長期エネルギー需給の展望 ほか)
  • 2 日本の総合エネルギー政策と国の役割(エネルギーと日本経済
  • 総合エネルギー政策の体系とその手段)
  • 3 エネルギー税制の仕組みとその問題点(エネルギー税制の現状と基本的な考え方
  • エネルギー関連税収の使われ方 ほか)
  • 4 地球温暖化問題と炭素税(環境税とは何か
  • 他の政策手段との関連 ほか)
  • 5 総合エネルギー政策と税制のあり方(21世紀の総合エネルギー政策の方向
  • エネルギー関連税収と支出の現状 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エネルギーと国の役割 : 地球温暖化時代の税制を考える
著作者等 佐川 直人
十市 勉
小川 芳樹
日本エネルギー学会
書名ヨミ エネルギー ト クニ ノ ヤクワリ : チキュウ オンダンカ ジダイ ノ ゼイセイ オ カンガエル
書名別名 Enerugi to kuni no yakuwari
シリーズ名 シリーズ21世紀のエネルギー / 日本エネルギー学会 編 2
出版元 コロナ社
刊行年月 2001.5
ページ数 142p
大きさ 21cm
ISBN 4339068225
NCID BA51593377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想