公益法人 : 隠された官の聖域

北沢栄 著

KSD事件を契機に注目を集める公益法人。総数は二万六千を超え、官との癒着やその不透明性から天下りと利権の温床とも批判されている。はたして公益法人とはどのような組織なのか、どこに問題が潜んでいるのか?気鋭のジャーナリストが、肥大化する「見えない政府」の知られざる実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 公益法人問題とは何か(いわゆる「特殊法人改革」の経緯とまやかし
  • 取り残された公益法人改革 ほか)
  • 2 肥大化する「見えない政府」(電波行政がつくった社団法人
  • 問題公益法人を類型化する ほか)
  • 3 知られざる実態(奇妙な法人-休眠法人
  • 幽霊法人も一二〇〇近くさまよう ほか)
  • 4 設立・運営を巡るさまざまな手法(法によらずに「通達」で利権
  • 法によらず「告示」で利権 ほか)
  • 5 根治のための処方箋(主務官庁制を廃止する
  • NPOと扱いを同一に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公益法人 : 隠された官の聖域
著作者等 北沢 栄
書名ヨミ コウエキ ホウジン : カクサレタ カン ノ セイイキ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.4
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004307260
NCID BA51579853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想