下肢関節疾患の理学療法

岡西哲夫, 鶴見隆正 責任編集

本書の編集にあたっては、下肢関節疾患の理学療法の科学的根拠を明らかにするために、バイオメカニクスからのアプローチをその切り口とした。まず、股・膝関節のバイオメカニクスの新・基礎知識を理解したうえで、代表的な下肢関節疾患例を取り上げ、その原因、病態、治療方針などの的確な把握のために必要な知識と臨床技術を学び、あわせて保存療法の考え方の習得を基軸とした。さらに、下肢関節障害と理学療法においては、その力点を患者側に置くことをポイントとした。最近のトピックスとしては、今日最も注目されている3つの運動療法を取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 下肢関節のバイオメカニクス
  • 第2章 下肢関節疾患の病態と治療方針
  • 第3章 下肢関節障害と理学療法
  • 第4章 最近の運動療法のトピックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 下肢関節疾患の理学療法
著作者等 岡西 哲夫
鶴見 隆正
書名ヨミ カシ カンセツ シッカン ノ リガク リョウホウ
書名別名 Kashi kansetsu shikkan no rigaku ryoho
シリーズ名 理学療法mook / 黒川幸雄, 高橋正明, 鶴見隆正 編 8
出版元 三輪書店
刊行年月 2001.3
ページ数 189p
大きさ 26cm
ISBN 4895901424
NCID BA51579605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想