在日韓国人の終焉

鄭大均 著

在日韓国人が日本で生活していることに深い意味や特別な意味はない。在日の一世たちは朝鮮半島よりは日本を生活の地として選択したのであり、その子孫である私たちもそれを受容しているだけのことである。つまり、在日韓国人は「永住外国人」などという宙ぶらりんな存在としてよりは、日本国籍を取得して、この社会のフル・メンバーとして生きていけばいいのであり、そのために必要なら帰化手続きの弊を指摘すればいいのである。本書は在日が存在理由をなくすために書いた本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アイデンティティと帰属
  • 第2章 在日の特異な状況
  • 第3章 帰国と帰化と在日の歴史
  • 第4章 なぜ韓国籍を維持しているのか
  • 第5章 説明責任の問題
  • 第6章 永遠の外国人でいいのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在日韓国人の終焉
著作者等 鄭 大均
書名ヨミ ザイニチ カンコクジン ノ シュウエン
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.4
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4166601687
NCID BA51570371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想