図解薬理学 : 病態生理から考える薬の効くメカニズムと治療戦略

越前宏俊 著

本書は特定の疾患または症状の治療に用いられる数多の薬物の作用機序を薬効と有害反応との観点から一葉のイラストに図解し、複雑な薬物治療を読者がイメージとして理解できる手助けをすることを目的として企画された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 薬効の個人差
  • 薬物のバイオアベイラビリティ
  • 薬物相互作用
  • 痛み(鎮痛薬)
  • 炎症(副腎皮質ステロイド薬)
  • 中毒
  • 感染症
  • 精神分裂病
  • 感情障害(うつ病、躁病)
  • てんかん〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解薬理学 : 病態生理から考える薬の効くメカニズムと治療戦略
著作者等 越前 宏俊
書名ヨミ ズカイ ヤクリガク : ビョウタイ セイリ カラ カンガエル クスリ ノ キク メカニズム ト チリョウ センリャク
書名別名 Zukai yakurigaku
出版元 医学書院
刊行年月 2001.4
ページ数 175p
大きさ 26cm
ISBN 4260105345
NCID BA51563026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想