吉本隆明が語る戦後55年  4

吉本隆明 他著 ; 吉本隆明研究会 編

徹底した外在性のフーコー思想を、内在性の自己表出の吉本思想と重ねて読み込んでいくと、欧米がなしえなかったある決定的な普遍性が抽出されうる。世界「認識」の質を超える"非ディスクール的プラチック"の革命場が、そこからうきだしてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 吉本隆明が語る戦後55年 第4回-フーコーの考え方(国家論への関心から読んだ『言葉と物』
  • マルクス主義系統で唯一まともな滝村隆一の国家論
  • 国家の考古学的な層の切り口を見つけるという課題
  • 国家論を徹底的に再検討したい
  • 人々の理想的な観念の共同性の水準を見つけ出す ほか)
  • 「吉本隆明とフーコーの対話」の政治地平-マルクス主義を超える「意志論/闘争論」
  • 吉本隆明の受容と観念的ラディカリズム
  • "悲劇"の生産-吉本隆明『悲劇の解読』における「太宰治」
  • 現在への発言 フーコーと革命を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉本隆明が語る戦後55年
著作者等 吉本 隆明
吉本隆明研究会
書名ヨミ ヨシモト タカアキ ガ カタル センゴ 55ネン
巻冊次 4
出版元 三交社
刊行年月 2001.4
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 487919204X
NCID BA5155881X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20239809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想