スウェーデンの労働と産業 : 転換期の模索

篠田武司 編著

グローバリゼーションの嵐のなかで、スウェーデン福祉国家はいかに変貌を遂げつつあるのか、それを労働と産業の面から実態調査をもとに解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 変化しつつある労使関係(労使交渉の新たなスウェーデン・モデル
  • 医療労働者の賃金と労使関係-ある病院の事例研究から
  • ブルーカラー労働者の賃金制度とその変容-ボルボ社トゥーシランダ工場およびシュヴデ工場の事例
  • ホワイトカラー労働者にみる賃金交渉と賃金制度)
  • 第2部 新しい生産システム(技術革新とブルーカラー労働者のホワイトカラー化
  • 管理と共同決定-ボルボの「QDF」チーム制度の暫定的評価)
  • 第3部 雇用と産業政策(産業民主主義の行方
  • 高失業状態と労働市場政策の変化
  • 地域と産業連携的研究開発
  • 雇用政策の転換とスウェーデン・モデルの変容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スウェーデンの労働と産業 : 転換期の模索
著作者等 Brulin, Göran
Nilsson, Tommy
宮本 太郎
櫻井 純理
浅生 卯一
浪江 巌
熊沢 誠
篠田 武司
Viklund, Birger
伊藤 正純
千守 隆夫
福地 潮人
Grønning, Terje
書名ヨミ スウェーデン ノ ロウドウ ト サンギョウ : テンカンキ ノ モサク
出版元 学文社
刊行年月 2001.3
ページ数 275, 7p
大きさ 21cm
ISBN 4762010103
NCID BA51545953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想