ためらいの倫理学 : 戦争・性・物語

内田樹 著

スーザン・ソンタグ、自由主義史観、『戦後責任論』、『敗戦後論』、フェミニズム、性の自己決定、ポストモダニスト、ラカン派、『「知」の欺瞞』、ジャン=ポール・サルトル、エマニュエル・レヴィナス、アルベール・カミュ…正義は正しいか?あらゆる「正義」と闘う、清冽な思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ私は戦争について語らないか(古だぬきは戦争について語らない
  • アメリカという病 ほか)
  • なぜ私は性について語らないか(アンチ・フェミニズム宣言
  • 「男らしさ」の呪符 ほか)
  • なぜ私は審問の語法で語らないか(正義と慈愛
  • 当為と権能の語法 ほか)
  • それではいかに物語るのか-ためらいの倫理学(邪悪さについて
  • 物語について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ためらいの倫理学 : 戦争・性・物語
著作者等 内田 樹
書名ヨミ タメライ ノ リンリガク : センソウ セイ モノガタリ
出版元 冬弓舎
刊行年月 2001.3
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4925220020
NCID BA51545046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想