ユトク伝 : チベット医学の教えと伝説

中川和也 訳

チベット医学の祖、第二の薬師仏と称されるユトクは、8‐9世紀の人。本書は、子孫に伝えられた様々な彼の言行、エピソードを編纂して17世紀に刊行され、その深い倫理性と宗教性によって、現在もチベット医たちの指針となっている。ユトクの先祖の話、伝説から、亡くなるまでの出来事が語られるチベットの一大叙事詩。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弟子のコンポ、ユトクに伝記を請う
  • 主バヌマ、天界より来臨す
  • シェーラブ・レティとイトマの出会い
  • イトマと聖者バミバ
  • イトマ、ナーガの国へ
  • 三人の守護尊の指示
  • 王妃の誘拐
  • 天からの植物
  • 薬の種子を蒔く
  • 薬師仏の啓示〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユトク伝 : チベット医学の教えと伝説
著作者等 中川 和也
書名ヨミ ユトク デン : チベット イガク ノ オシエ ト デンセツ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.4
ページ数 505p
大きさ 15cm
ISBN 4003326512
NCID BA51532248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チベット語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想