森鴎外の系族

小金井喜美子 著

鴎外の思い出はもちろん、それぞれに個性的な森家の人々の肖像が生き生きと浮び上がる回想記。特に、雑誌『歌舞伎』を主宰し劇評に新風を吹きこんだ次兄三木竹二について書かれたものは、本書がほとんど唯一の貴重な資料である。明治の知的な中流家庭の生活がうかがえる随筆に、歌、創作なども併せて収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不忘記
  • 土山の寺
  • 伊勢路の雨
  • 次ぎの兄
  • 観潮楼の跡
  • 悲しき塚
  • 森於菟に
  • 兄君の最後
  • 黒紋附
  • 墓参〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森鴎外の系族
著作者等 小金井 喜美子
書名ヨミ モリ オウガイ ノ ケイゾク
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.4
ページ数 465p
大きさ 15cm
ISBN 4003116127
NCID BA51531992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想