<歴史>はいかに語られるか : 1930年代「国民の物語」批判

成田龍一 著

"歴史"とは何か、それはどのような役割を果たすのか-日本が総動員体制へ向かう一九三〇年代、"歴史"は、均一的な「日本人」を主語とする「国民の物語」へと変貌し、その語りを通して、排他的な共同体意識をうみ出していく。島崎藤村の歴史小説や火野葦平の戦記、そして女性たちが記したルポルタージュなど、三〇年代の多様なテキストを取り上げ、それらの語りに、「われわれ日本人」という歴史意識形成のメカニズムを探る。過去/現在を語る装置としての"歴史"のあり方を問い直す注目作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ、"歴史の語り"が問われるのか
  • 第1章 「歴史」の語り-一九三〇年代の明治維新像(「歴史」を描く三つの領域
  • 『夜明け前』の世界-「地域」から描かれる明治維新 ほか)
  • 第2章 「戦争」の語り-日中戦争を報告する文体(ルポルタージュから戦争文学へ
  • 火野葦平の戦場-『麦と兵隊』『土と兵隊』の文体 ほか)
  • 第3章 「現場」の語り-貧困と啓蒙の一九三〇年代(「現場」からのルポルタージュ
  • 『小島の春』と『女教師の記録』-啓蒙への情熱 ほか)
  • 終章 広島と沖縄戦の語りから-「国民の物語」を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <歴史>はいかに語られるか : 1930年代「国民の物語」批判
著作者等 成田 竜一
書名ヨミ レキシ ワ イカニ カタラレルカ : 1930ネンダイ コクミン ノ モノガタリ ヒハン
書名別名 Rekishi wa ikani katarareruka
シリーズ名 NHKブックス 913
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.4
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4140019131
NCID BA51530843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想