日常生活のなかの禅 : 修行のすすめ

南直哉 著

日常生活の底に突如開く深淵-無常。根拠なき生をかかえ、「このままでよいのか」という想いにとらわれるとき、禅はラディカルな技術となる。永平寺の若き俊英が、釈尊・道元の教えを元に仏教思想を根幹から説き起こし、現代における禅の可能性を探る、アクチュアルな坐禅のすすめ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「根拠」の外部へ-本当の「自己」とは何か
  • 第2章 煩悩のトライアングル-「苦」としての実存
  • 第3章 システムとしての存在-「縁起」の思想
  • 第4章 「自己」とは何か-「方法」としての因果
  • 第5章 「自己」の倫理-生き方の基準はいかに決まるか
  • 第6章 坐禅とは何か-「非思量」を知る
  • 第7章 生のテクニック-「恭敬」の作法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日常生活のなかの禅 : 修行のすすめ
著作者等 南 直哉
書名ヨミ ニチジョウ セイカツ ノ ナカ ノ ゼン : シュギョウ ノ ススメ
書名別名 Nichijo seikatsu no naka no zen
シリーズ名 講談社選書メチエ 211
出版元 講談社
刊行年月 2001.4
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4062582112
NCID BA51521762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想