地球文明の寿命 : 人類はいつまで「発展」を享受できるか

松井孝典, 安田喜憲 著

「環境危機」の21世紀、「生き方の思想」が大きく変わる!地球物理学者と古代文明学者の歴史からの洞察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文明的視野から見た地球環境問題(「人間圏」=文明の視点から現代を考える
  • 人間圏の形成が文明への第一歩 ほか)
  • 第2章 気候変動と「人間圏」の誕生(一つ前の間氷期に人間圏をつくらなかった現代型新人
  • 年縞の研究でわかってきた古代の環境 ほか)
  • 第3章 「精神革命」は可能か(古代文明が崩壊した後に来る精神革命
  • 遊牧民がやがて海洋文明を築いた ほか)
  • 第4章 ストック依存型文明とフロー依存型文明(産業革命以前と以後で人間圏は二つに分かれる
  • ストック依存型の人間圏は長寿命型人間圏にはならない ほか)
  • 第5章 人間の本質と欲望抑制の哲学(文明の問題解決には新しい世界観が必要
  • 人類が長く存続することにどれだけの意味があるのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球文明の寿命 : 人類はいつまで「発展」を享受できるか
著作者等 安田 喜憲
松井 孝典
書名ヨミ チキュウ ブンメイ ノ ジュミョウ : ジンルイ ワ イツマデ ハッテン オ キョウジュデキルカ
出版元 PHP研究所
刊行年月 2001.4
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 4569615449
NCID BA51511736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想