脳の高次機能

丹治順, 吉澤修治 編

脳の高次機能の理解をめざし、平成8年から11年にかけて、日本を代表する脳の実験と理論の研究者がグループを形成し、文部科学省特定領域研究として研究を進めてきた。本書はそれらの研究のなかで生まれた、最近4年間における代表的な研究成果をまとめたものである。その内容は外界の認知のメカニズムから情報の記憶、脳内の情報処理から情動あるいは行動発現に至るまで多岐にわたる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 認知のメカニズム(第二体性感覚野
  • 面の認知
  • 視覚運動の認知
  • 認知メカニズムの非侵襲計測)
  • 2 行動決定と運動の戦略(運動の順序制御に関与する運動領野
  • 随意運動制御の計算論的研究
  • 到達運動の学習と制御の神経機構)
  • 3 記憶の形成と保持(機能的結合による文脈依存性情報処理と記憶学習
  • 三次元的視覚世界の脳内表現
  • 大脳皮質の階層的神経回路と情報処理
  • ヒトの記憶機構の分化と局在
  • 海馬神経回路の長期増強と学習則)
  • 4 情動と思考のメカニズム(記憶と思考の神経回路モデル
  • 情報表現の自己組織的獲得モデル
  • 報酬期待と前頭連合野
  • 前頭連合野における情報統合と決断のニューロン機構
  • 視覚情報の受容と表出
  • 常道の神経機構)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の高次機能
著作者等 丹治 順
吉沢 修治
書名ヨミ ノウ ノ コウジ キノウ
出版元 朝倉書店
刊行年月 2001.4
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 4254101775
NCID BA51507932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想