一遍聖

大橋俊雄 著

時宗の開祖一遍聖は、鎌倉新仏教の展開の最終段階に登場した最も行動的な思想家である。その思想の特色は「南無阿弥陀仏」の六字の名号そのものに見出した救い、遊行、賦算、踊り念仏に象徴される。鎌倉仏教六宗のなかでひときわ異彩を放つ捨聖一遍の思想と生涯を『一遍聖絵』『遊行上人縁起絵』『法語集』等にさぐり、一遍歿後の時宗教団の行方を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 一遍聖の行動と思想を知るために
  • 第1章 一遍聖の教えの手だて
  • 第2章 民衆の求めに応じて
  • 第3章 浄土の教えを求めて
  • 第4章 苦難を越えて
  • 第5章 政権の所在地鎌倉と京で
  • 第6章 捨聖に徹した最後の遊行
  • 第7章 教団の成立
  • 第8章 藤沢に道場を建立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一遍聖
著作者等 大橋 俊雄
書名ヨミ イッペン ヒジリ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.4
ページ数 335p
大きさ 15cm
ISBN 406159480X
NCID BA51500183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想