金融グローバリズム

中尾茂夫 編

本書では、まず、世界を闊歩する金融グローバリゼーションという波に乗って、世界を席巻するアメリカ的、あるいはアングロサクソン的な思考様式に着目する。そして、その特徴づけと、「在来的なるもの」との調整ということを視座に据え、現代世界に共通する問題に迫っている。換言すれば、金融グローバリズムという金融世界を席巻する支配的思考様式のなかで、各地の「ローカルなもの」、各地の「ナショナルなもの」はどのようなインパクトを享受しながら、どのような変質を余儀なくされているのかを、事実に基づいて考えてみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 論争・金融グローバリズム
  • 2 日米独の金融構造と銀行業
  • 3 アジア危機とは何であったのか-多様性とグローバリズムの相剋と共存
  • 4 「格付け」の思想:リスクのない社会とリスク社会
  • 5 ニューヨーク証券取引所の国際化について
  • 6 ベンチャー企業向け証券市場間競争のグローバル展開と成長企業の輩出-わが国新規店頭公開企業の長期株価パフォーマンス分析
  • 7 ユーロの挑戦と成算
  • 8 日本の金融統合・合併の成算-米・欧との比較検証
  • 9 日本の地価問題と日本型金融システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融グローバリズム
著作者等 中尾 茂夫
大阪市立大学経済研究所
書名ヨミ キンユウ グローバリズム
シリーズ名 大阪市立大学経済研究所所報 第49集
出版元 大阪市立大学経済研究所
刊行年月 2001.3
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4130401785
NCID BA51497497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想