刺激的で、とびっきり面白い時間の話 : 人、暦、時間-神々と「数」の散歩道

アレグザンダー・ウォー 著 ; 空野羊 訳

なぜ、一時間は60分なのか?なぜ、一日は24時間なのか?なぜ、一週間は7日なのか?こんな子供のような質問をたずさえて、著者は時間をさかのぼり、古代の人々や神々、哲学者、天文学者、数学者の言葉に耳を傾けます。また、時の終わり、世界の終わりを探るため、物理学者とともに宇宙の謎にも挑戦します。起源、秒、分、時間、日、週、月、年、10年、100年、1000年、紀・代、永遠、原始、時空、終末と、著者とともに旅をしたあとは、きっとあなたの身のまわりに対する見方が変わっていることでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 起源-この世はどのように始まったのか
  • 秒-時はますます正確精密に
  • 分-日時計から「分」を示す時計へ
  • 時間-みんなが同じ時間を使うようになった
  • 日-一日はいつ始まるのか
  • 週-なぜ一週間は七日なのか
  • 月-ユリウス暦の登場
  • 年-暦と季節をどうやって合わせるか
  • 十年-歴史をゆがめる「〜年代」
  • 世紀-世紀末の意味
  • 千年紀-現代は神の時間の何日目なのか
  • 紀・代-そして物語は地質学の時代へ
  • 永遠-無限は存在するのか
  • 原始の時-暦は必要なのか
  • 時と空間-相対性理論の世界へ
  • 終末-終わりのあとにあるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刺激的で、とびっきり面白い時間の話 : 人、暦、時間-神々と「数」の散歩道
著作者等 Waugh, Alexander
空野 羊
ウォー アレグザンダー
書名ヨミ シゲキテキ デ トビッキリ オモシロイ ジカン ノ ハナシ : ヒト コヨミ ジカン カミガミ ト スウ ノ サンポミチ
書名別名 Time
出版元 はまの
刊行年月 2001.2
ページ数 371p
大きさ 19cm
ISBN 4893613197
NCID BA51487686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20219805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想