近代劇の変貌 : 「モダン」から「ポストモダン」へ

中央大学人文科学研究所 編

本書は、中央大学人文科学研究所の研究チーム「近代劇の成立」第二期の研究成果をまとめたものである。共通のテーマは「モダンからポストモダンへ」、「近代劇」の範囲を超えたと見られる演劇、「近代劇」の概念を打ち壊した演劇を取り扱っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イギリス(「凄絶の美」と「荒ぶる獣」の変貌-イェイツとベケットの演劇宇宙
  • ブライアン・フリール-言語と歴史と
  • レナード・ウルフなんか怖くない?-エドナ・オブライエン『ヴァージニア』
  • トム・ストッパード-ポストモダン・コメディ
  • 現代演劇源流論-境界領域を再検証する)
  • 第2章 アメリカ(テネシー・ウィリアムズ-ポストモダンへの挑戦
  • ポストモダンの劇作家ランフォード・ウィルソン-マイノリティーの視点から
  • デイヴィッド・マメット劇における演出-閉鎖的な世界にかいま見える真実
  • デイヴィッド・ヘンリー・ウォン『響きと美』-たましいの響き、たましいの美)
  • 第3章 ロシア・ドイツ・中国(スタニスラフスキー・システムについて-モダン、ポストモダンを超える「科学」=「演劇的知」
  • 未完の神聖な喜劇-ジョージ・タボーリ「ゴルトベルク変奏曲」
  • 演劇が聞こえる風景-ハイナー・ミュラーの『絵の記述』と『ヴォロコラムスク幹線路』を例に
  • 高行健の劇作について-中国演劇の「ポストモダン」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代劇の変貌 : 「モダン」から「ポストモダン」へ
著作者等 中央大学人文科学研究所
中央大人文科学研究所
書名ヨミ キンダイゲキ ノ ヘンボウ : モダン カラ ポストモダン エ
シリーズ名 中央大学人文科学研究所研究叢書 26
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2001.3
ページ数 395, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4805753196
NCID BA51485512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想