迷いの体 : ボディイメージの揺らぎと生きる

石井政之 著

本書には人間の顔と体が宿命的に放ち続ける美と醜と差別の問題が山積みとなり、それは顔面に大きなアザを持つ著者石井政之の人生そのものなんだろう。とにかくパワーがあり、面白く、勉強になって考えさせられる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ボディイメージを見つめる視点
  • 第1章 ひとつの病三つのイメージ-レックリングハウゼン病
  • 第2章 三人の専門家の分析-醜形恐怖
  • 第3章 すれちがうイメージ-美に嫉妬する人
  • 第4章 変身するカツラカウンセラー-円形脱毛症
  • 第5章 フェニックスは飛んでいるのか?-ヤケド・サバイバー
  • 第6章 ボディイメージをメイクとカツラで調節する-リハビリメイク
  • 第7章 五体不満足のリアルなボディイメージ-サリドマイド
  • 第8章 子供扱いされる葛藤-低身長症
  • 第9章 比較する"まなざし"から人間は自由になれるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 迷いの体 : ボディイメージの揺らぎと生きる
著作者等 石井 政之
書名ヨミ マヨイ ノ カラダ : ボディ イメージ ノ ユラギ ト イキル
出版元 三輪書店
刊行年月 2001.2
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 489590136X
NCID BA51479112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想