体験的活動の理論と展開 : 「生きる力」を育む教育実践のために

林忠幸 著

本書は、「新しい学力観」について書いてきた論稿をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 体験的活動の理論的背景(体験的世界の教育学的構造
  • 経験と体験をめぐる断章 ほか)
  • 第2部 生活科、社会科と学級活動(生活科と自立した生活主体の形成
  • 郷土を教材化する意義と視点 ほか)
  • 第3部 道徳教育の展望(道徳教育の基本問題
  • 道徳的実践力の育成 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体験的活動の理論と展開 : 「生きる力」を育む教育実践のために
著作者等 林 忠幸
書名ヨミ タイケンテキ カツドウ ノ リロン ト テンカイ : イキル チカラ オ ハグクム キョウイク ジッセン ノ タメニ
書名別名 Taikenteki katsudo no riron to tenkai
出版元 東信堂
刊行年月 2001.3
ページ数 221p
大きさ 22cm
ISBN 4887133898
NCID BA51461332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想