時間の政治史 : グレゴリウス改革の神学・政治論争

瀬戸一夫 著

イエス磔刑から千年、ローマ教会は蔓延する宗教腐敗を一掃して終末に備えるべく改革に着手する。レオ九世時代に本格化したこの改革は、万人の救済に向けた秘蹟の力をローマに向けて一元化しようとするものであった。本書はこの改革過程で起こった、秘蹟をめぐる論争を"記憶と時間"をめぐる神学・政治闘争として読みとき、そこからグレゴリウス改革の真相をさぐる斬新な思想史の試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒論 西欧中世的な秩序の硬直化と宗教・政治腐敗
  • 第1章 ベレンガリウスの聖体説と時間イデオロギー
  • 第2章 ペトルスによる弁証論理の批判と常識の擁護
  • 第3章 ランフランクスの駁論と教権支配の論理構造
  • 結語 聖俗の二元的な収奪と今日におけるその残光
  • 付論 ペトルス全能論の諸解釈に向けた批判的検討

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間の政治史 : グレゴリウス改革の神学・政治論争
著作者等 瀬戸 一夫
書名ヨミ ジカン ノ セイジシ : グレゴリウス カイカク ノ シンガク セイジ ロンソウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.3
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 4000233564
NCID BA51411006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20172941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想