哲学する民主主義 : 伝統と改革の市民的構造

ロバート・D.パットナム 著 ; 河田潤一 訳

本書は、イタリアにおける州の研究を通じて、イタリア人の市民生活に関する根本的な疑問のいくつかを検討する。具体的にはイタリアの地方政府の公共政策におけるパフォーマンスを比較分析することで、高い地域にはそれなりの伝統、つまり市民的政治文化があり、結局のところそれがパフォーマンスを上げているとの結論にたどりつく。パフォーマンスの高い地域とされた、中部イタリアには数百年に及んだ共和政の伝統があった。北部イタリアはフランスやオーストリアの勢力に翻弄されることが多く、共同体主義が発達しなかったし、ローマ以南の地域では何世紀にもわたる征服王朝による封建的土地所有が地域社会の基礎にあったため、その根本に不信があるという。著者は、共同体主義の伝統がない地域では政治の改革は深まらないと指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに-制度パフォーマンスの研究
  • 第2章 ルールの変更-制度発展の二〇年
  • 第3章 制度パフォーマンスを測定する
  • 第4章 制度パフォーマンスを説明する
  • 第5章 市民共同体の起源を探る
  • 第6章 社会資本と制度の成功
  • 補遺A 調査方法
  • 補遺B 州会議員の態度変化に関する統計的証拠
  • 補遺C 制度パフォーマンス(1978‐85年)
  • 補遺D 散布図で用いた州の略記
  • 補遺E 地方政府パフォーマンス(1982‐86年)および州政府パフォーマンス(1978‐85年)
  • 補遺F 市民的関与の伝統(1860‐1920年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学する民主主義 : 伝統と改革の市民的構造
著作者等 Putnam, Robert D
河田 潤一
パットナム ロバート・D.
書名ヨミ テツガクスル ミンシュ シュギ : デントウ ト カイカク ノ シミンテキ コウゾウ
書名別名 Making democracy work

Tetsugakusuru minshu shugi
シリーズ名 叢書「世界認識の最前線」
出版元 NTT
刊行年月 2001.3
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 475714024X
NCID BA51392375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想