九谷焼

正和久佳 著

350年以上の伝統を誇る九谷焼は、その絵柄・色彩によって現在も私たちの心をとらえて離しません。本書は、製作技法を中心に歴史的背景、業界の現状とこれからの課題、また産地の紹介など九谷焼をさまざまな角度からとらえています。九谷はもちろん、すべてのやきもの愛好家待望のシリーズ第6弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 九谷焼の発生と流れ(九谷焼の前史
  • 九谷焼の発生
  • 九谷焼の流れ)
  • 2章 九谷焼の製作(技法・様式・種類
  • 素地の製法(坏土工程
  • 成型工程)
  • 下絵付け(染付)の工程)
  • 3章 九谷焼の現在とこれから(九谷焼をめぐる動向
  • 九谷焼の職人
  • 九谷焼のこれから)
  • 4章 九谷焼産地へのいざない(加賀地方とその周辺の地理的環境
  • 九谷焼産地とその周辺の歴史
  • 九谷セラミックロード)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 九谷焼
著作者等 正和 久佳
書名ヨミ クタニヤキ
シリーズ名 伝統的工芸品シリーズ
出版元 理工学社
刊行年月 2001.3
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 4844585827
NCID BA51390074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想