文壇放浪

水上勉 著

芥川・直木賞の選考会が軽井沢で開かれていた頃。三千五百枚を清書した『霧と影』。文士劇盛んなりし日々。先輩作家への敬慕、そして若き作家との交友-。戦前戦後を通じて、文壇とは作者にとって、寺の小僧時代に見上げ、編集者時代に戦い、直木賞作家として彷徨した、人生の山河であった。水上文学と昭和文壇史を語るに欠かせぬ貴重な証言が、溢れる哀歓で綴られた名著。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文壇放浪
著作者等 水上 勉
書名ヨミ ブンダン ホウロウ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2001.4
ページ数 240p
大きさ 16cm
ISBN 4101141282
NCID BA51389712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想