家族システム援助論

十島雍蔵 著

家族システムの自己治癒を導く新たな援助技法の展開。従来の家族療法からナラティヴ・セラピーまでをオートポイエーシス理論に基づいて捉え直し、独自の「空我のアプローチ」を詳述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 システム療法のパラダイム展開
  • 第1章 家族療法におけるB-Fシステム・モデル
  • 第2章 第三世代システム論と家族システムの諸相
  • 第3章 コミュニケーションのフォルクスワーゲン・モデル
  • 第4章 システムからナラティヴへ?
  • 第5章 空我のアプローチ
  • 終章 空我論:補遺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族システム援助論
著作者等 十島 雍蔵
書名ヨミ カゾク システム エンジョロン
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2001.3
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 4888486212
NCID BA51373508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20242541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想