数と計算の意味がわかる : 数学の風景が見える

野崎昭弘 ほか著

「マイナス掛けるマイナスはなぜプラスなのか?」「虚数iや定数eとはどんな数なのか?」「分数で割るとはどういうことなのか?」今まで、理解したつもりで素通りしてきた数や計算ですが、意味を理解し、きちんと説明できる人は実は少ないのではないでしょうか?小学校算数に対する素朴な疑問から最高難度の数学の世界まで、それぞれの意味をきちんと理解すれば、説明もできます。数学をもう一度別の角度からやりなおしてみたい人も、学校の数学は苦手だったけれど、実は興味があるという人も、本書なら愉しみながら、"数学の根っこ"の世界を体感し、理解していただけることでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数と計算の基本(ゾウもアリも"ひとつ"
  • ゾウとアリをいっしょに数えてよいか
  • 1と1はたせるか? ほか)
  • 第2章 数と計算の威力(予測と確率
  • 比率の推定
  • 複利計算 ほか)
  • 第3章 数と計算のおもしろさ(数の行進曲
  • 上手な計算法?
  • ガウスのわり算 ほか)
  • 第4章 数と計算の体系(数の代数的性質
  • 反数と逆数
  • 背理法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数と計算の意味がわかる : 数学の風景が見える
著作者等 伊藤 潤一
何森 仁
小沢 健一
野崎 昭弘
書名ヨミ スウ ト ケイサン ノ イミ ガ ワカル : スウガク ノ フウケイ ガ ミエル
シリーズ名 Beret books
出版元 ベレ
刊行年月 2001.2
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 493907661X
NCID BA51367709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想