図解・日本の中世遺跡

小野正敏 ほか編

本書は、中世の日本列島を考古学資料を用いて語ろうと企画したものである。中世という時代の特徴を意識して、都市、村と町、城と館、生産と技術、生活の諸相、流通と消費、祭祀と葬送という大テーマにより基本的な章立てをし、さらに、中世の北と南の世界、自然を含む環境史や自然科学からの成果を盛り込んで、北と南、中世の景観の2章を立てている。また、表現的には、各テーマの考古学情報を列島規模で分布論的に集成、ビジュアルに図版化することに力点をおき、中世という枠内での、時間的な変化や地域性などを表現した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 都市
  • 2 村と町
  • 3 城と館
  • 4 生産と技術
  • 5 生活の諸相
  • 6 流通と消費
  • 7 祭祀と葬送
  • 8 北と南
  • 9 中世の景観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解・日本の中世遺跡
著作者等 小野 正敏
書名ヨミ ズカイ ニホン ノ チュウセイ イセキ
書名別名 Zukai nihon no chusei iseki
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.3
ページ数 271p
大きさ 31cm
ISBN 4130260588
NCID BA51344168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20234538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想