薬毒物の簡易検査法 : 呈色反応を中心として

広島大学医学部法医学講座 編

本書は、確実で迅速かつ簡便な呈色反応を中心とした薬毒物中毒診断法を取りまとめ、臨床の現場でも役立てることを目的にしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 工業製品(青酸化合物
  • ヒ素化合物 ほか)
  • 2 ガス(一酸化炭素
  • 塩素 ほか)
  • 3 農薬(有機リン系農薬
  • パラコート ほか)
  • 4 医薬品(ブロムワレリル尿素
  • アセトアミノフェン ほか)
  • 5 毒薬物分析システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬毒物の簡易検査法 : 呈色反応を中心として
著作者等 広島大学医学部
広島大学医学部法医学講座
書名ヨミ ヤクドクブツ ノ カンイ ケンサホウ : テイショク ハンノウ オ チュウシン ト シテ
出版元 じほう
刊行年月 2001.3
ページ数 163p
大きさ 26cm
ISBN 4840728208
NCID BA51327635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想