三聴秘録

大平祐一 編

江戸時代、大名、旗本をはじめ幕府の老中以下諸奉行、頭、支配などが、施政上のことにつき疑義が生じた場合、それぞれ当該事項を管掌する幕府の老中、寺社、町、勘定の三奉行および道中奉行、大目付、目付、林大学頭、あるいはその属吏に対し問合せ(伺)を行い、問合せをうけた幕府諸役人はこれに挨拶を行った。この遣り取りを、当時問答、問合せなどと称し、この際問合せ人より発せられた問合(せ)書、伺書、および挨拶人より発せられた付札、下ヶ札、手紙などの関係諸文書を綴輯したものを、問答集、問答書、問合書、問合挨拶留などと呼んだ。本『問答集』では、残存する夥しい数の問答集のうち、『三聴秘録』を収録した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三聴秘録
著作者等 大平 祐一
服藤 弘司
石井 良助
書名ヨミ サンチョウ ヒロク
シリーズ名 問答集 / 石井良助, 服藤弘司 編 5
出版元 創文社
刊行年月 2001.2
ページ数 564p
大きさ 22cm
ISBN 4423780054
NCID BA51315749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想