プロテオーム解析 : 理論と方法

平野久 著

プロテオーム解析の実験書。プロテオーム解析に利用できる新しい手法や分析装置について詳しく解説。すでに確立されている実用的な方法を中心に記述してあるが、将来発展が期待されている技術についても言及してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 二次元電気泳動によるタンパク質の分離
  • 3 膜フィルターへのタンパク質の転写
  • 4 質量分析装置を用いたペプチドマッピングとアミノ酸配列分析
  • 5 シークエンサーによるアミノ酸配列分析
  • 6 アミノ酸組成分析
  • 7 タンパク質および遺伝子の同定
  • 9 リガンドブロッティングによるタンパク質の検出
  • 10 タンパク質間相互作用の解析
  • 11 プロテオームデータベース

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロテオーム解析 : 理論と方法
著作者等 平野 久
書名ヨミ プロテオーム カイセキ : リロン ト ホウホウ
出版元 東京化学同人
刊行年月 2001.3
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4807905422
NCID BA51306726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想