女の社会史 : 17-20世紀 : 「家」とジェンダーを考える

大口勇次郎 編

大名の奥方、農漁村の女奉公人、朝鮮の女たち、愛国婦人会…歴史のなかに女たちの生き方をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 武家の相続と奥(近世武家相続における異姓養子
  • 岡山藩池田家の相続事情-養子相続をめぐって ほか)
  • 2部 「家」と労働(地侍層の「家」と女性-和泉国上神谷小谷家を素材として
  • 近世後期・北関東における女性労働の特質とジェンダー-武州入間郡赤尾村林家の奉公人の分析を中心に ほか)
  • 3部 異国と辺境(絵画としての「倭軍」と烈女イデオロギー-十七世紀の「東国新続三綱行実図」の分析から
  • 文禄・慶長の役における朝鮮被虜人の帰還-とくに女性の場合 ほか)
  • 4部 女たちの近代(マリア=ルス号事件と芸娼妓解放令
  • 初期愛国婦人会考-近代皇后像の形成によせて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女の社会史 : 17-20世紀 : 「家」とジェンダーを考える
著作者等 中村 文
加藤 千香子
吉田 ゆり子
大口 勇次郎
大森 映子
山田 志乃布
岩田 みゆき
柳谷 慶子
森田 朋子
浅倉 有子
片野 真佐子
鄭 夏美
野本 京子
金 文子
青木 美智子
書名ヨミ オンナ ノ シャカイシ : 17 - 20セイキ : イエ ト ジェンダー オ カンガエル
出版元 山川出版社
刊行年月 2001.3
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 463452130X
NCID BA51306599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20170762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想