アジアの大都市  4

大阪市立大学経済研究所 監修

東南アジア諸国は、2020年までに人口の56%以上が都市地域に住む都市型社会に移行すると見られている。しかも、その都市人口の66%は5つのメガ都市圏に集中すると予想される。5つのメガ都市圏とは、拡大バンコク首都圏、クアラルンプル多核的都市圏、シンガポール成長トライアングル、ジャボタベック都市回廊、そして拡大マニラ首都圏である。このような東南アジア諸国の都市移行はどのように認識されるべきであろうか。いま、新しいパラダイムの構築が問われている。本書は拡大マニラ首都圏を扱っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 都市化の政治経済学
  • 第1部 都市化過程と社会変容(スペイン植民都市マニラの形成と発展
  • フィリピンの都市と農村
  • 都市化と貧困 ほか)
  • 第2部 経済発展と都市開発(マニラ首都圏周辺の工業団地
  • 首都圏・カラバルソンの開発と財閥
  • 交通政策の課題)
  • 第3部 都市政治と住民(政治社会の連続性と変容
  • 都市中間層のコミュニティと地方自治
  • スクオッターと都市社会運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの大都市
著作者等 中西 徹
大坪 省三
大阪市立大学経済研究所
小池 賢治
小玉 徹
新津 晃一
根本 敏則
永野 善子
田巻 松雄
秀島 敬一郎
菅谷 成子
青木 秀男
,勝田 穂積
書名ヨミ アジア ノ ダイトシ
書名別名 マニラ
巻冊次 4
出版元 日本評論社
刊行年月 2001.3
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4535551464
NCID BA51305927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マニラ 小玉 徹, 中西 徹, 新津 晃一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想