鏡と仮面 : アイデンティティの社会心理学

A.L.ストラウス 著 ; 片桐雅隆 監訳

ストラウス社会心理学の先駆的名著。人は、他者という鏡に映った自己を見つつ、仮面を着脱する。アイデンティティ・言語・メンバーシップ・記憶・歴史などをキーワードとする構築主義的なシンボリック相互行為論の展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語とアイデンティティ
  • 第2章 自己評価と行為のコース
  • 第3章 相互行為
  • 第4章 アイデンティティの変容
  • 第5章 変化と持続性
  • 第6章 メンバーシップと歴史
  • 第7章 結論のノート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡と仮面 : アイデンティティの社会心理学
著作者等 Strauss, Anselm L
片桐 雅隆
ストラウス A.L.
書名ヨミ カガミ ト カメン : アイデンティティ ノ シャカイ シンリガク
書名別名 Mirrors & masks

Kagami to kamen
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.3
ページ数 229, 13p
大きさ 19cm
ISBN 4790708640
NCID BA51275371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想