税金の常識・非常識

平野拓也 著

年金改革や地方分権の推進など、これまでより「小さな政府」論が脚光を浴びつつある。だがその実現のためには国の財政改革を進めておかなければならないが、国と地方合わせて六六六兆円という世界最高の負債を返済するにしても、頼みの綱は結局は国民の税金だ。税金を取り巻く環境が大きく変わろうとしている今、我が国の「失われた一〇年」をもたらした税制を、豊富な諸外国のデータと比較検討し、市民の側からもう一度見直す税金の基礎知識。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 欧米は減税ラッシュ
  • 第1章 日本の所得税最高税率は世界一
  • 第2章 源泉徴収制度は「納税愚民」育成策
  • 第3章 見かけは低い日本の消費税
  • 第4章 法人税、相続税も世界一
  • 第5章 進まない財源の地方移譲
  • 第6章 未来の税金を算出すれば
  • 第7章 日本の「失われた一〇年」
  • 第8章 財政構造改革の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税金の常識・非常識
著作者等 平野 拓也
書名ヨミ ゼイキン ノ ジョウシキ ヒジョウシキ
書名別名 Zeikin no joshiki hijoshiki
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.3
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480058877
NCID BA5126857X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20177638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想