台湾の経済開発政策 : 経済発展と政府の役割

朝元照雄, 劉文甫 編著

アジア通貨危機後、注目される台湾型経済発展モデルとはなにか。経済発展に重要な役割を果たした経済開発政策に焦点をしぼり、台湾がいかに今日の繁栄を勝ち得たか考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 産業政策と経済発展
  • 第2章 経済計画機構と政府の役割
  • 第3章 産業発展と市場刺激的技術政策
  • 第4章 中小企業政策と政府の役割
  • 第5章 政府間財政関係
  • 第6章 金融諸改革と今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 台湾の経済開発政策 : 経済発展と政府の役割
著作者等 劉 文甫
朝元 照雄
書名ヨミ タイワン ノ ケイザイ カイハツ セイサク : ケイザイ ハッテン ト セイフ ノ ヤクワリ
書名別名 Taiwan no keizai kaihatsu seisaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.3
ページ数 198p
大きさ 22cm
ISBN 4326502010
NCID BA51252106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想