体制移行の経済学 : 理論と政策

福田敏浩 著

社会主義→移行経済→資本主義の体制運動を扱った書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会主義・移行経済・資本主義
  • 第2章 反古になった市場社会主義-東ドイツ最後の経済戦略
  • 第3章 経済体制の移行理論-形態論的アプローチ
  • 第4章 経済体制の移行戦略-ラディカリズムの提唱
  • 第5章 最適私有化戦略-ラディカリズムの立場から
  • 第6章 移行経済の体制像
  • 第7章 移行経済から資本主義へ
  • 第8章 転換期の経済体制論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体制移行の経済学 : 理論と政策
著作者等 福田 敏浩
書名ヨミ タイセイ イコウ ノ ケイザイガク : リロン ト セイサク
書名別名 Taisei iko no keizaigaku
出版元 晃洋書房
刊行年月 2001.3
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 4771012474
NCID BA51248492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想