現代の金融システム:理論と構造

山口重克 ほか著

金融システムの基礎理論、世界史的発展の諸類型、日本の金融システム、金融政策、国際金融システム-理論・歴史・現状分析の3つの視点から解説したテキストブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 金融論の体系と方法
  • 第1章 金融システムの原理(準備的考察
  • 商業信用 ほか)
  • 第2章 金融システムの生成と発展(重商主義段階の金融システム
  • 自由主義段階の金融システム ほか)
  • 第3章 日本の金融システム(金融制度の変遷
  • 高度成長期の金融構造 ほか)
  • 第4章 金融政策(金融政策の基本原理
  • 高度成長期の金融政策 ほか)
  • 第5章 国際通貨と国際金融(国際通貨体制
  • 国際金融)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の金融システム:理論と構造
著作者等 佐々木 隆雄
吉田 暁
小野 英祐
山口 重克
春田 素夫
書名ヨミ ゲンダイ ノ キンユウ システム リロン ト コウゾウ
書名別名 現代金融の理論と構造

Gendai no kin'yu shisutemu riron to kozo
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2001.3
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 4492652876
NCID BA5124390X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想