イギリスのいい子日本のいい子 : 自己主張とがまんの教育学

佐藤淑子 著

優しい子に育ってほしいけれど、自分の意見を言えないようでは困る。自分の意志を持ってほしいけれど、わがままなのはだめ。子どもが育つとき、自己主張と自己抑制が共にできることが大切なのはわかっていてもそのバランスは難しい。両者を等しく重視するイギリスと、自己抑制を尊重しがちな日本を比較教育学を用いて比べながら、子どもたちはどうやってこれらを身につけていくのか、親はそのためにどうすべきかを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自己主張と自己抑制
  • 第2章 イギリスとアメリカと日本
  • 第3章 幼児のしつけと教育の日英比較
  • 第4章 日本とイギリスの子どもたち
  • 第5章 日本人の対人関係と子どもの自己の発達
  • 第6章 新しい幼児教育の方向性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリスのいい子日本のいい子 : 自己主張とがまんの教育学
著作者等 佐藤 淑子
書名ヨミ イギリス ノ イイ コ ニホン ノ イイ コ : ジコ シュチョウ ト ガマン ノ キョウイクガク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.3
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4121015789
NCID BA51239469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想