技術者のための『研究・開発活動入門』

宇賀丈雄 著

技術者のめざす創造的活動のガイドライン。知識吸収型から知識放出型への自己改造の方法を分かり易く説く。技術系必携。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 技術者に研究・開発がなぜ必要か
  • 第2章 技術者教育の現状を考える
  • 第3章 研究と開発の意味を考える
  • 第4章 実験と試験の意味を考える
  • 第5章 科学・技術と工学の意味を考える
  • 第6章 機能確保と保全・安全の意味を考える
  • 第7章 知的活動の二面性
  • 第8章 研究者・開発者としての自己管理
  • 第9章 研究・開発活動遂行の障壁と打開への道
  • 第10章 将来のエネルギーの利用体系について
  • 第11章 より良い報告書の作成に向けて
  • 第12章 技術文章作成へのコメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術者のための『研究・開発活動入門』
著作者等 宇賀 丈雄
書名ヨミ ギジュツシャ ノ タメノ ケンキュウ カイハツ カツドウ ニュウモン
書名別名 Gijutsusha no tameno kenkyu kaihatsu katsudo nyumon
出版元 鳥影社
刊行年月 2001.2
ページ数 147p
大きさ 19cm
ISBN 4886295509
NCID BA51202414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20219821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想