「レンブラント」でダーツ遊びとは : 文化的遺産と公の権利

ジョセフ・L.サックス 著 ; 都留重人 監訳

チャーチルの肖像画はなぜ燃やされたのか。死海写本はなぜ長期間人目に触れなかったのか。知的財産権、文化の共有を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 美術品(ディエゴ・リベラの壁画
  • 芸術家の権利と公共の権利
  • 忠誠心故のたき火と決断できずに燃やす人
  • アメリカの建築遺産
  • 収集家=私人の悪徳、公共の利得)
  • 第2部 文書類の行先(大統領の文書類
  • 最高裁判所の判事たちの文書類
  • 図書館および美術館コレクションの利用
  • 相続人、伝記作家および学者)
  • 第3部 骨と皮ばかり(際立った学会の醜聞-死海写本
  • 学術的研究成果の私有化
  • 古代遺跡をめぐってのビジネス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「レンブラント」でダーツ遊びとは : 文化的遺産と公の権利
著作者等 Sax, Joseph L
Sax, Joseph L.
都留 重人
サックス ジョセフ・L.
書名ヨミ レンブラント デ ダーツ アソビ トワ : ブンカテキ イサン ト オオヤケ ノ ケンリ
書名別名 Playing darts with a Rembrandt
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.2
ページ数 405p
大きさ 20cm
ISBN 4000025244
NCID BA51183284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想