いやでも物理が面白くなる : 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?

志村史夫 著

点数を稼ぐため、時間内に必死に答えを探す「入試のための物理」。面白いはずがない。「なぜ?どうして?」にはじまる疑問に、本質的な理解を与えてくれるのが物理本来の楽しみ。「肉屋の肉が赤いわけ」「瓦割りの極意」「過去を見る話」など、豊富な話題を糸口に、物理の楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。物理がわかれば、ものの見方が変わる。人生が楽しく、豊かになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 夜汽車の汽笛はなぜ遠く響く?
  • 第2章 光ほど謎に満ちたものはない
  • 第3章 物にも光にも色はない!
  • 第4章 瓦割り極意の秘密
  • 第5章 万物の究極構造を考える
  • 第6章 「見えない世界」がある!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いやでも物理が面白くなる : 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?
著作者等 志村 史夫
書名ヨミ イヤデモ ブツリ ガ オモシロクナル : コウツウ シンゴウ トマレ ワ ナゼ ドコ ノ クニ デモ アカ ナノカ
書名別名 Iyademo butsuri ga omoshirokunaru
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2001.3
ページ数 279, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062573245
NCID BA51177951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想