家族

T.パーソンズ, R.F.ベールズ 著 ; 橋爪貞雄 他訳

現代つぎつぎ現れてくる新しい発想のタイプを、パーソンズのパラダイムとの関連、あるいはそれらの批判において、深化させ、そしてまた、わが国における家族の急激な変化と、それがもたらした難しい問題の中で、もう一度パーソンズの示唆に従って、家族の構造と機能を基本的に検討してみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカの家族-パーソナリティおよび社会構造に対するその関連
  • 第2章 家族構造と子どもの社会化
  • 第3章 行為体系としてのパーソナリティの組織化
  • 第4章 パーソナリティのメカニズム、特に社会化との関連におけるその機能
  • 第5章 小規模の意志決定集団における役割分化
  • 第6章 核家族における役割分化-比較研究
  • 第7章 結論-文化的一般性のレベルと分化の過程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族
著作者等 Bales, Robert Freed
Parsons, Talcott
山村 賢明
橋爪 貞雄
武藤 孝典
溝口 謙三
高木 正太郎
Bales Robert F.
ベールズ R.F.
パーソンズ T.
書名ヨミ カゾク : カクカゾク ト コドモ ノ シャカイカ
書名別名 Family,socialization and interaction process

核家族と子どもの社会化
出版元 黎明書房
刊行年月 2001.2
版表示 新装版
ページ数 616, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4654016813
NCID BA51173702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想